乾燥中の一枚板のお手入れ。

先月仕入れてきた、

カウンター使いの想定の4.5m×700㎜巾の一枚板5枚。

樹皮が付きっぱなしだったこちら。

モミの木天然木一枚板

樹皮が付きっぱなしだと、樹皮と木の間に住む虫が木を喰って見栄えを悪くし、

マニアックなことを言えば樹皮が引っ張って割れの原因にもなりかねないという、

意外と厄介なものなんです。

少し手の空いた、わたくし 二代目が、本格的に暑くなる前に樹皮を剥ぎます。

 

さまざまな要素によって剝がれやすい樹皮とそうでないものがあります。

これは、、、、、

これっぽっちも剥がれてくれません(涙)

ポロポロと砕けて進まないので、

ノミでたたいて少しづつ進めることにします

 

数時間かけて

モミの木カウンター一枚板

長さ4.5mの一枚板 5枚の樹皮はがしが終了しました(;^_^A

さらに二年間乾燥させていく予定。

売り出し2年前から加工はもうすでに始まっているんです。

気のながぁいお仕事です。

一枚板のお手入れのお話でした。

関連記事

  1. ケヤキの脚
  2. イチョウ無垢手づくり椅子
  3. ケヤキ無垢一枚板テーブル
  4. 椅子製作中
  5. エンジュ一枚板
  6. 店舗テーブル
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。