桧無垢テーブルを栃木県上三川町へお届け

以前、お客様よりお預かりしていたこちらの

ヒノキカウンター 無垢

ヒノキ無垢材。もともと店舗のカウンターとして約30年ご利用されていたもの。(写真はハイエースに積めるようにカット済み)

このヒノキの板を利用して、幅で二枚を繋いで幅広のローテーブルの製作ご依頼をいただきました。脚は当店で新規製作。

約一カ月の製作時間を頂いて、榎本銘木店から国道4号線をずっと北上。ただただ一本道の栃木県上三川町へお届けに伺ってきました。

二枚きれいに繋がった板がこちら

ヒノキ無垢テーブル

可能な限り幅を広く取りたいとの事だったので、真ん中の節ぎりぎりで調整、すこーし色が残っていますが、ほぼ一枚板の雰囲気で完成できました。

両側の耳部分の天然に残して雰囲気を大切に。 そして脚は当店で新規製作

総天然木テーブル

お客様のご希望で板脚にて製作、木目のいい所で素材からご提案差し上げたんです。ここも自然な雰囲気を大切に。

最後に全体の雰囲気を。

ヒノキ天然木テーブル

およそ180㎝×90㎝~1m。

お父様が数十年使用していた一枚板を、形を変えて息子が引き継ぐ。大切な思い出の伝承ですね。当店で叶えることができて良かった。今回も喜んで頂けました。

ご依頼ありがとうございました!

関連記事

  1. 天然木一枚板テレビ台
  2. 無垢一枚板カウンター
  3. ウォルナット一枚板テーブルとベンチ
  4. 無垢ダイニングテーブル
  5. 杉一枚板
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。