ケヤキ一枚板の磨き

先日ご紹介した、4mの巨大なケヤキ一枚板10枚

ケヤキ天然木一枚板

一枚づつ、着手しました。この大きさですのでそう簡単には進みません

先ずは何よりも平面出しの作業から。

最初この板の表面は、二年間乾燥の為に寝かせていた焼けや汚れと湾曲の強い、こんな状態
ケヤキの板

ここから湾曲を削って、同時に表面も新たな肌が顔を出します。大切な作業です

木の湾曲除去画像上のブラシ上の箱の中で刃が回って表面を削っている様子。ご覧の通り綺麗なケヤキの肌が顔を出しました。

ここから全体をサンドペーパーで磨き上げます。大きいので大変な作業なんですよ。。。

木の一枚板

全体を磨き上げての一枚。表面に磨いた粉が乗っかってますが、

この粉を拭いて、布で少し擦って見ると

木の磨き

ピッカー! 皆さんの良く知る、木の美しい木目が楽しめる一枚板になってます。

榎本銘木店の魔法のような技術です(笑)

今週いっぱいかかりますが、ガンバリマス!

関連記事

  1. 一枚板テレビ台
  2. ケヤキ無垢一枚板テーブル
  3. 無垢一枚板カウンター
  4. モンキーポット無垢板
  5. ケヤキ無垢一枚板
  6. 木目の良い一枚板
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。