4月10日の一枚板加工の進捗です

年度末3月が過ぎ、私二代目のお仕事がひと段落ついたので

ここのところ、お店のメンテナンスについてのご紹介が多くなっていました。

銘木工房では、職人が毎日手を掛けて

ご依頼いただいている銘木家具の制作を進めています。

本日はそちらをご紹介しますね。

 

まずは、東京都多摩市のお客様よりご依頼いただいている

こちら
一枚板手づくり椅子

銘木手づくり椅子4脚。

職人、いろいろ考えながら造っています。

手を動かしているよりも考えている時間の方が長いかな。

一つ一つのお仕事に向き合える、小さなお店の当店だからお受けできる

お仕事ですね。お時間いただいています。

手を掛けて進めていますので、もう少しお時間下さい。

宜しくお願い致します。

 

次に、巨大な一枚板のカウンターテーブル
一枚板カウンター

長さ3m30㎝×巾1m10㎝の巨大な一枚板を、

キッチン台の形に欠きとってこんな形になりました。

手前の丸い部分は巾1m10㎝のテーブルに。

そのままつながって右奥の細長い所がキッチンカウンター。

 

一番奥で長さが足りずに、欠きとった部分をつなげる加工も
杉一枚板カウンター

白太のラインを合わせて、左右の幅もカットして合わせます。

お客様のご希望通り一枚板に見える様に、しっかり作りこみますよ!

 

一つ一つ、「 いいもの 」造ります。

 

関連記事

  1. ケヤキ一枚板カウンター
  2. 杉天然木一枚板テーブル天板
  3. 一枚板の削り
  4. 昔の座卓の作り直し
  5. 一枚板加工
  6. ブラックウォルナットテーブル
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。