東京都清瀬市:ブラックウォルナットダイニングテーブルの製作

大きな一枚板の場合は、今回の事例の様に小さなテーブルが取れるようにカットして、それぞれに高さを合わせた脚をつける事によって、普段は別の場所で使用することができます。一品製作の榎本銘木店だからできる事かな。ご相談ください。

東京都清瀬市:ブラックウォルナットダイニングテーブルの製作

ブラックウォルナット一枚板

ご来店いただいた当時はこのような状態でした。色出しの為の簡単な塗装をして展示してありました。これでも色や艶は見て取れますので、今回のお客様にはこの木の良さを理解していただき、ダイニングテーブルとしてご依頼いただきました。このままでは大きすぎるので、セパレートタイプとして使用する為に、カットする場所やこの木の特徴である穴の部分の処理の仕方など、直接板に書き込みながら様々打ち合わせをしました。

一枚板テーブル二枚繋ぎ

完成したカット部分です。普段は二つに分けて使用していますが、つなげればこの通り木目がつながって、元の板の大きさを主張します。これで大人数でも問題なく使用できますね。

天然部分を写してみました。自然なカーブに余計な手を加えません。この木の良さを活かします。人間にとって、直線よりも自然なカーブを描いた曲線の方が、使用に際しても自然体でいられるような気がします。

穴の部分はこの様に少し彫り込んでガラスを入れました。これで穴も無く、フラットな面で使用できます。ガラスの周りが白っぽく見えるのは、角を少し削って丸みを出しているから。普段の使用に気を使わせません。

一枚板テーブルの耳

反対側もこの美しいカーブ。ここでもつなぎ目は、あくまでも自然につながり、一体感を損ないません。天然木だからこそ、一枚板だからこその楽しみです。

ウォルナット一枚板ダイニングテーブル

全体です。光がピカピカ反射するような表面塗装がされていない、木の柔らかさがあふれる素敵なお部屋でした。同時に納めたブラックウォルナットのイスも大きさがちょうど良く、座面の鮮やかな新緑の色と伸びやかな形で、大きな窓を開ければ新緑の草木の中でのピクニックのような、さわやかな気持ちになりますね。 お店にあった時の100倍輝いています。
そしてこの木の特徴である穴の部分。ガラスで埋めたのでその特徴をガラス越しに見る事ができます。でもガラスの角を取るために丸みをつけるので僅かな溝は残るし、傷の無い真っ平らな天板と比べたらやっぱり少し使いづらい。でもね、利便性だけじゃなく数百年生きたこの木のこの穴に、
何かを感じてもらえたらうれしいな。

PAGE TOP