銘木店のお仕事

榎本銘木店は40年前の創業以来、建築関係の事業者様に向けての販売も手掛けています。

住宅に使用する銘木素材や店舗に使用する銘木素材です。いつも一枚板テーブルや一枚板カウンターのネタばかりなので、本日は少し違う使い方もご紹介しますね。

今回は建築設計士様からのご依頼。神奈川県鎌倉市でご利用いただく事になったこちら
銘木丸太

京都産の銘木丸太。ご指示いただいて表面をほんの少しカンナで削り、一本線の木目を出したもの。

アップで見ますと手が込んでいる部分も見て頂けるかと

建築用丸太

見えるかなぁ… 板目を浮造りという手法で夏目を削って冬目を立てているんです。これで凹凸が生まれて表情豊かになりました。

こちらは和室の床柱として使用されます。

それと床の間の板も選んでいただいたのがこちら
クスノキ一枚板

床の間の板として利用されるクスノキ一枚板。いつもの当店らしいモノですね。綺麗な天然を活かすかもということで磨きましたが、現場で判断されるそうです。

あか抜けて現代的な和室床の間ができそうです。建築設計士様の楽しいアイディアでした。

こちら、ガッチリと梱包をして

梱包済みの一枚板

神奈川県鎌倉市へ送られていきました。 楽しいお仕事させて頂きました。

ご来店、ご依頼ありがとうございました。

関連記事

  1. ブラックウォルナットTV台
  2. 栗一枚板棚板
  3. 木の丸柱
  4. ブラックウォルナット一枚板テーブル
  5. 無垢一枚板荷物
  6. ケヤキ一枚板カウンター
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。