無垢一枚板加工の最初の一歩

先日、仕入れに行ってきました。丸太を板状に割っただけの荒々しい状態の一枚板

一枚板の加工の最初

一枚板の加工の最初のカタチ

トラック一杯に積み込んでお店に持って帰って、手入れをします。ここから一枚板の加工の始まりです。

まずはこんな作業から

無垢一枚板の皮むき

無垢一枚板の皮むき

木の板の天面の割れやすそうな部分に割れを抑える塗料を塗って、両耳の皮を剥いでいきます。とは言えそんな簡単には剥がれませんよ。スクレーパーでコツコツ コツコツ。

一日で終わらせようとしないで、これから空いた時間で少しづつやっていくようですね。

半日集中してこんな感じです

ケヤキ無垢一枚板

ケヤキ無垢一枚板

剥がしづらい所は後回し(笑)また時間あるときに進めるとしましょう。積み重ねると丸太の形が見えてきますね。想像すると面白いし樹齢数百年の大木なのも一目で分かります。

まだこの状態では一体どれほど素晴らしい板になるか想像が難しいかもしれません。

ただ荒々しい形とそれに伴う杢、そして個性のある穴も楽しめそうですし、私にはわかる素晴らしい板ですよ。数年後のご提案が楽しみです!

 

で、少し戻って

引き取りの帰り道、こんな写真が撮れたのでご紹介
風景

木には関係ないけど、いつも木の写真ばかりじゃつまらないかと思いまして。 首都高速道路の上でなぜこんな写真が撮れるかと言いますと。。。

 

渋滞の帰り道

はい、こんな大渋滞。はるか先まで光るテールランプが切ない。。。 でもトラック満載なのでスピード出るよりかえって安全かなとポジティブシンキングでゆっくり帰ってきたのでした。

 

関連記事

  1. 一枚板テーブル引き出し
  2. ブラックウォルナットテーブル
  3. 一枚板在庫品
  4. 天然木を東京都へ
  5. 無垢カウンター
  6. 木にガラス
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。