一枚板のご提案

ここのところ多数のお問い合わせを頂き、楽しくご提案差し上げています。ありがとうございます。

少しご紹介しますね。

まずは港区赤坂の法人様の会議テーブルでご利用される一枚板。3mの板を横に二枚並べて1.2m巾のテーブルに。
アサメラ一枚板テーブル

全部並べて長さ3m×幅500㎜以上のものを二枚、うまい幅のものを見つけていきました。すでにご提案済みなのであとは気に入って頂けるといいな。

次に、同じ一枚板の山からのご提案、茨城県野木町よりご来店いただきましたお客様へのご提案です。
一枚板カウンターテーブル

長さ4500㎜の一枚板を利用したキッチンカウンターテーブル。

斜線の入った部分に対面キッチンが入り、カウンターと奥のテーブルの両方を一枚板でやってしまおうという贅沢仕様。

カウンター部分で最大いくつの幅が取れる材なのかの確認。実際は400㎜も使わない雰囲気の図面でしたが、材料次第で少し変わってくるかもしれませんね。

うまく合うといいなぁ。ご連絡お待ちしています!

 

そして埼玉県伊奈町の大工様へご提案したのがこちらの
ヤニ松一枚板

ヤニ松一枚板。手前の一枚を建築材としてご利用を計画していただきます。玄関周りでの予定ですね。

綺麗な一枚物の松なので、お客様にも気に入って頂けるといいな。

 

 

そしてご依頼いただきました皆様の一枚板の加工の進捗をお知らせします。

楽しみにご覧くださっているお客様もいらっしゃるので、私も気合入れて忘れず写真に納めてきています。

まずは、埼玉県川口市のお客様よりご依頼いただいている、栗一枚板棚板
栗一枚板棚板

栗には珍しく全体に杢の入った上品仕様。自然な雰囲気をお望みでしたお客様、もっと艶気は消しますのでご心配なく。

 

次に東京都町田市よりご依頼いただいている、ケヤキの無垢板
ケヤキ無垢板加工

旧家に使用されていたケヤキ材を利用し続けたいとの事で加工させていただく事になったもの。百年を超える歴史と思い出を大切に手を掛けています。

 

次に埼玉県加須市のお客様よりご依頼いただいている
アサメラカウンター一枚板

2730×巾600㎜のアサメラカウンター一枚板。これも下塗装なので現状は光って映ってしまって木目も見えませんが、仕上げれば艶も引けて自然な雰囲気に仕上がります。

濃い色味の木目がチラ見えですね。

 

そして最後に埼玉県新座市のお客様よりご依頼いただいている
杉一枚板テーブル
長さ3300㎜の杉一枚板。上杢の板なので慎重に。これもこれから仕上げ塗装に移っていきます。いいものできますよ!

皆様ご依頼ありがとうございます。おかげさまで日々楽しくお仕事させて頂いています。感謝!

 

関連記事

  1. ウォルナットテーブル
  2. スピーカー台
  3. ケヤキテーブル
  4. 栃の木一枚板テーブル天板
  5. ブラックウォルナット一枚板テーブル
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。