【一枚板テーブル販売事例】埼玉県幸手市のお客様宅へお届け【ナラ一枚板】

【ナラ一枚板】を埼玉県幸手市のお客様宅へお届けした納品の様子をご紹介

今回の素材は楢(ナラ)材。日本国内に広く樹生真ん中に板目の通った綺麗な一枚板を気に入って頂き、ダイニングテーブル製作のご依頼を頂きました。早速平面出しの削りからの製作を行っていきます。縦に木目が通りシンプルながらも綺麗な表情ですね。

ナラ一枚板天板

ナラ板脚

天板の製作と同時に脚の製作にも着手します。今回はお客様のこだわりの板脚仕様での製作となりました。木目の通った天板の美しさに匹敵する板を使用して脚材を製作していきます。側面から見ても脚が板なので全体に統一感がでて重厚感のある足元どっしりのおすすめの仕様です。今回の楢材でも立派な脚が完成しました。

ナラ一枚板ダイニングテーブル製作

楢(なら)の木は固くて艶があるので家具全般的に好んで使用されていて、今回のような一枚板テーブルとしても非常に優れた使用感で素晴らしい木材なのです。しかし一方で製材後から製品になるまでの乾燥期間中に割れが入りやすいので、当店のような一枚板屋さんにとっては非常に泣かされることも多い素材でもあります。一般的に楢は樹生している時に水分を多く含みながら生きている木なので、その多く含まれた水分が板となり自然乾燥期間に抜けることでひび割れの原因となるようです。
しかし!今回この板は榎本銘木店の管理の下、綺麗に乾燥してくれた一枚。ここからのひび割れリスクはかなり低いので安心してご利用いただけます。一家だんらんの中心に榎本銘木店の一枚板のある生活。うれしい限りです。

ナラ一枚板ダイニングテーブル

細かな分類を除けば、いわゆるオーク材が楢(ナラ)。家具全般に使用される楢(オーク)なので、素材を椅子と合わせるのも容易。お部屋全体との統一感を図りたいお客様には使いやすい樹種になると思います。ただし前述した通り乾燥工程に苦労する樹種ですので一枚板との出会いが肝心ですね。今回は素敵な出会いがあって良かった。

一枚板テーブル脚

脚に注目した画像も一枚。如何でしょうか⁉側面から見ても一枚板という迫力とこのドッシリとした重厚感!縦に通ったスッキリとした木目が天板から脚にも通り、イメージの統一を図りました。 今回もお客様に大変喜んで頂けて本当に良かった。楽しいお仕事をさせていただきました。 ご依頼ありがとうございました。感謝!


榎本銘木店の製作事例をご紹介しました。この様な品質で展示販売中の一枚板の商品を皆様のご希望に合わせてオーダー製作致します。

2016年以前のブログもご紹介
榎本銘木の一枚板加工日記 (exblog.jp)

関連記事

  1. ウォルナットの木一枚板デスク
  2. 天然木一枚板テーブル
  3. 木の一枚板キッチンカウンター
  4. 一枚板納品
  5. 無垢一枚板ダイニングテーブル
  6. ブラックウォルナット一枚板テレビ台
最近の記事 おすすめ記事
  1. 天然杉一枚板
  2. ブラックウォルナットテーブル
  3. 無垢作業デスク
  4. 桧無垢一枚板カウンター
  5. 桧一枚板カウンター
  1. 緑青色仕上げ
  2. テーブル用一枚板の山
  3. 木製擬宝珠 製作
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。