真っ赤な木、アフリカンパドックのご紹介

本日は、真っ赤な木をご紹介しますね

神奈川県横浜市よりご依頼くださったお客様の、アフリカンパドックと呼ばれる木材。

それがこちら
アフリカンパドック木材

ご覧の通り、真っ赤な一枚板で着色は全くしていません。驚きの木ですね。

実はこちら数十年使用した座卓を再利用して、新たに机として製作している物なんです。壁に当たる奥をカットして、磨き上げてフィニッシュ。 カットした材ともともと使用していた脚を利用してこんな

真っ赤な木

机の奥で使用する棚を製作中。お客様のご希望で高さを変えて違い棚に。高さの違う動きのある棚になりました

元々和室で利用していた座卓が、用途を変えてまた数十年使える机に姿を変えました。

100年使える一枚板テーブル、大切にご利用いただけることでしょう。もう数日で完成です!

関連記事

  1. ケヤキの脚
  2. ケヤキ一枚板玄関敷台
  3. 木の看板
  4. アサメラ一枚板加工
  5. アカシアの木テーブル
  6. 天然木を東京都へ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。