塗装を終えた一枚板ご紹介

榎本銘木店は、一枚板をお客様それぞれの利用方法に応じて、ご希望の形に加工をしてお届けしています。

ですのでお店にいらしていただいた際には素地の状態です。もちろん表面の磨きはかけて展示してますので木目はよく見えますよ。

そこを水で濡らして塗装後のイメージをご覧いただくんです。浮き立つような杢や色味が出ます。

そうやってご依頼をいただくのですが、 やはりキチンと塗装をかけると表面の艶気がとても良いんですね。

今回チラリとご紹介。

先ずは春日部市内のお客様の、杉一枚板。フワフワとした揺らぎが美しい杢が浮いてきましたよ。

日光杉一枚板

 

そして同じく春日部市内のお客様の、ケヤキ一枚板

ケヤキ一枚板テーブル

暖かなオレンジ色のケヤキ独特の色味が出てきました。自然な木目は残して且つピカピカに光らないように艶を抑えてあくまでも自然に。

自然に自然に。せっかくの木の一枚板ですから仕上がりは自然に。榎本銘木店はそうやって仕上げるんです。

 

そして東京都品川区のお客様の杉一枚板も同じく…

杉の木一枚板

鈍い艶気で自然な風合いを大切に、塗装を終えて木目が浮き立ちました。良い艶気と色味です。

一枚一枚、木を活かしながら仕上げていきます。ご依頼ありがとうございます!

 

関連記事

  1. ケヤキ一枚板ダイニングテーブル
  2. ケヤキの古材
  3. 店舗テーブル
  4. モンキーポット天板
  5. 木彫り家紋
  6. ケヤキ一枚板カウンター
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。