無垢の木加工の進捗です!

今日は加工の進捗をご紹介です。

まずは千葉県茂原市のお客さまよりご依頼いただいている、ひのき無垢玄関収納。

いよいよ立体的に立ち上がりました
桧一枚板販売

まだ押さえながらの状態なのでチラっとご紹介。

一つ一つ進めています。

次に千葉県千葉市のお客様よりご依頼いただいている

こちら
一枚板テーブル
かつら一枚板天板です。磨きを終え、一回目の塗装が終わりました。

こちらも着手しています。

次に面白いお仕事。

古材再利用との事でおもしろそうだったので、先に手を付けた

この
臼

臼(うす)

真っ黒だったものを、全体を削ってケヤキの肌を出しました。

本来の色味が戻ってきましたね

それと
一枚板テーブル

同じく預かってきました、ケヤキの輪切り。これも製材して磨くとこんな風に綺麗に。

以前の記事の写真を見てください!ごつい形の黒い塊だったものなのに。

これなら喜んでいただけそうです。

お客様のご依頼で、この二つを組み合わせて

こんな形にリフォーム!

テーブルになっちゃいます^^

数百年使っていた二つが、また新たな利用法で使われていきます。

大切に使っていただけると思います。納品はまだまだ先の事。しばらくお店に置いておきます。

面白いお仕事です。

関連記事

  1. 天然木イス
  2. 家紋彫刻
  3. ブラックウォルナット一枚板加工
  4. 一枚板製材
  5. エンジュ一枚板
  6. 変形一枚板テーブル
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。