関東各所よりご依頼いただいた一枚板ご紹介します

本日は、現在ご依頼いただいている一枚板の加工の進捗をご紹介します。

まずは、千葉県八千代市のお客さまよりご依頼いただきました、ご自宅で長く使われていた栃の木の座卓の再仕上とリビングテーブルへのリフォーム作業

これまで十数年と長く使用していて全体的に黄ばみと傷が出ていた栃の木の座卓でしたが、全体を削り直して再塗装の姿がこちら

栃の木一枚板仕上げ直し

栃の木一枚板仕上げ直し

白と赤身のコントラストもハッキリ出てきて、何よりも栃独特の一枚板全体にギラギラとした杢がハッキリと浮き出てきました。

新品の美しさを復活させました! そして今回は脚を交換して、座卓からダイニングテーブルへの作り直しも同時に行うので、このように足も製作

一枚板の脚交換

一枚板の脚交換

これはお客様のご希望により、ローマ数字のⅢの形にて製作したもの。ローマ数字のⅡは極稀に見るけどⅢは見ないんじゃないかな?オーダー製作の榎本銘木店ならではの強みです。お客様のご希望叶えます。

この脚は完成したばかりで塗装もこれから。 もう少しお時間いただきます。千葉県八千代市のお客さま、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

次に埼玉県さいたま市のお客様よりご依頼いただいております、こちらの

杉一枚板ダイニングテーブル天板

杉一枚板ダイニングテーブル天板

杉の木独特の木目のハッキリ出ている杉一枚板テーブル天板、一回目の塗装を終えて乾燥させている最中です。天然木の一枚物と一目見てわかる存在感のある一枚ですね。

こちらもあと少しで完成しますので、もう少々お時間いただきます。さいたま市のお客様どうぞよろしくお願い致します。

 

そして埼玉県戸田市のお客様よりご依頼いただいている、楓(カエデ)一枚板のテレビ台

楓一枚板天板

楓一枚板天板

楓も栃に負けず劣らずの縮杢が出ます。この楓の板もハッキリと出ましたねヨカッタ!規則的な杢も綺麗です。 完成までもう少々、どうぞよろしくお願い致します。

それと右に見える少し小さな板は、東京都内の設計事務所様からのご依頼の品。店舗でご利用頂く看板用の板。これから看板屋さんへお送りして文字入れを行っていただきます。

さまざまな用途でご利用頂いています。皆様ご依頼ありがとうございます。

感謝!

関連記事

  1. ケヤキ引き取り
  2. 豊栄鮨
  3. 一枚板テーブル
  4. 新聞
  5. 木の一枚板
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。