クラロウォルナット加工の進捗です

埼玉県草加市のお客さまよりご依頼いただいている

当店自慢の一枚板だったこちらの

クラロウォルナット一枚板塗装前

クラロウォルナット一枚板。幅1m10㎝ある巨大なもの。

特に自慢の箇所が、この木目の変わり目が出ている所。

実は、アメリカウォルナットとヨーロッパウォルナットの接ぎ木の境い目。

こんなにはっきり出ているものは、まずなかなか見ません。

 

そしてこの一枚板を磨き終えて、

確認の為に濡らして見てみると

クラロウォルナット一枚板加工中

吸い込まれるような深い色味が浮き出てきました。

 

 

そしてこの木目

クラロウォルナット板加工中

木目が大暴れ。なんとも美しい流れのある杢目が浮き立ちました。

 

磨いていて楽しい、芸術的な一枚板完成間近。

気合入れていいものお届けします!

関連記事

  1. ヒノキ一枚板カウンター
  2. 店舗テーブル
  3. 天然木店舗使用
  4. 天然木ベンチ
  5. ケヤキの杢
  6. 杉一枚板
最近の記事 おすすめ記事
  1. ヒマラヤ杉ダイニングテーブル
  2. ケヤキ一枚板ベンチ
  3. 一枚板の穴
  4. ケヤキ一枚板テーブル
  5. 一枚板の穴
  1. 一枚板仕上げ直し
  2. ブラックウォルナット展示台
  3. 一枚板の削り直し
  4. 平面の出た木
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。