クラロウォルナット加工の進捗です

埼玉県草加市のお客さまよりご依頼いただいている

当店自慢の一枚板だったこちらの

クラロウォルナット一枚板塗装前

クラロウォルナット一枚板。幅1m10㎝ある巨大なもの。

特に自慢の箇所が、この木目の変わり目が出ている所。

実は、アメリカウォルナットとヨーロッパウォルナットの接ぎ木の境い目。

こんなにはっきり出ているものは、まずなかなか見ません。

 

そしてこの一枚板を磨き終えて、

確認の為に濡らして見てみると

クラロウォルナット一枚板加工中

吸い込まれるような深い色味が浮き出てきました。

 

 

そしてこの木目

クラロウォルナット板加工中

木目が大暴れ。なんとも美しい流れのある杢目が浮き立ちました。

 

磨いていて楽しい、芸術的な一枚板完成間近。

気合入れていいものお届けします!

関連記事

  1. ケヤキカウンター
  2. 一枚板テーブル引き出し
  3. 天然木を東京都へ
  4. ブラックウォルナットテーブル
  5. 栃の木一枚板
  6. アサメラ一枚板会議用テーブル
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。